行事

行事 · 22日 4月 2022
『沈黙の春』出版60周年記念 レイチェル・カーソンのひろば2022 いまや「環境問題の古典」といわれる『沈黙の春』が出版されたのは1962年のこと。今年2022年は、それから60年になります。  これを記念して、もういちどレイチェル・カーソンの生涯や業績、『沈黙の春』が訴えたことについて考えあう機会をもつことにします。...
行事 · 09日 3月 2022
映画『WENDE』 3月11日から「京都みなみ会館」で上映 自然エネルギーの普及をよびかける映画『WENDE 光と水のエネルギー』は、「京都みなみ会館」で3月11日(金)から24日(木)まで上映されます。 上映時間は、3月11日(金)―17日(木)までが朝10時から、3月18日(金)―24日(木)までが午後1時からです。...
行事 · 19日 2月 2022
映画『WENDE 光と水のエネルギー』 京都みなみ会館で上映 3月11日―24日...
行事 · 26日 10月 2021
レイチェル・カーソン関西セミナー(第28回) ●日時 2021年11月28日(日) 午後2時から午後4時まで ●場所 オンライン形式で(ZOOM会議システム利用) ●テーマ 『13歳からのレイチェル・カーソン』を読む ●プログラム  報告 第3章:『沈黙の春』が訴えたこと/     第7章:未来のためにできること...
行事 · 14日 9月 2021
『センス・オブ・ワンダー』が新潮文庫に 私たちはレイチェル・カーソンを語るとき、『沈黙の春』で化学物質による環境汚染について告発し、『センス・オブ・ワンダー』で自然とのふれあいの喜びを語ったと言ってきました。この、『沈黙の春』とならぶ代表作『センス・オブ・ワンダー』が新潮文庫になりました。...
行事 · 14日 7月 2021
レイチェル・カーソン関西セミナー(第27回) ●日時 2021年9月18日(土) 午後2時から午後4時まで ●場所 オンライン形式で(ZOOM会議システム利用) ●テーマ 『13歳からのレイチェル・カーソン』を読む ●プログラム  報告① カーソンの時代とその生涯       報告者 上岡克己(高知大学名誉教授)...
行事 · 07日 5月 2021
『13歳からのレイチェル・カーソン』(レイチェル・カーソン日本協会編、かもがわ出版刊)が刊行されることになりました。『沈黙の春』出版60年を前に、カーソンの生涯や業績を伝えるとともに、環境問題が深刻化したいま、彼女の思いをいかに現代に生かすか、ということから準備されてきた出版企画が実を結んだものです。本文執筆者5名、コラム執筆者7名の共同作業で1冊の本がまとめられました。普及にご協力ください。 『13歳からのレイチェル・カーソン』目次 はじめに   第1章 若き日のカーソン(時代と生涯Ⅰ)  第2章 カーソンの活躍(時代と生涯Ⅱ)    第3章 『沈黙の春』が訴えたこと     第4章 『センス・オブ・ワンダー』に託した  思い  第5章 文学者としての魅力         第6章 科学者としての強さ         第3章 未来のためにできること              おわりに コラム カーソンの言葉ⅠからⅦまで  定価1760円(本体1600円+税)
行事 · 23日 3月 2021
●日時 2021年4月26日(月) 午後2時から午後3時30分まで ●場所 レイチェル・カーソン日本協会 関西フォーラム事務所 京都市中京区烏丸通二条下る ヒロセビル4F  (地下鉄「からすまおいけ」北改札口2番出口3分) ※参加者のための駐車場はありません。公共交通機関をご利用下さい。 ●プログラム...
行事 · 03日 2月 2021
「関西フォーラム会員のつどい」の開催について 2020年はコロナの感染拡大により、すべてが様変わりしました。 新しい年を目の前にしたいまも、この先どうなるのかはっきりしません。 とにかく人に会わないのが一番、というのも悲しいことです。コロナが早く終わり、社会・経済がもういちど元気になることを願わずにはいられません。...

レイチェル・カーソン日本協会

関西フォーラム

 

〒604−0847

京都市中京区烏丸通二条下る ヒロセビル

TEL/FAX:075−255−2503

E-mail:JRCC@mb6.seikyou.ne.jp